小倉記念のリピーター馬

今週は小倉記念

今週は小倉記念。小倉競馬場では最も歴史のある重賞競走である。

コースなのか時期なのか、その他の条件なのかは分からないが、複数回出走している馬、つまりリピーター馬が多い。

リピーター馬の状況

まずは、2008年〜2016年の出走馬を一覧にしてみた。リピーター馬(連続ではなく、1年空けて出走する場合も含む)が多いことがわかるだろう。

今年はまだ出馬表が確定していないが、登録馬では、クランモンタナベルーフの2頭リピーター馬に該当する。いずれも今回出走となれば3年連続3回目である。

好走馬・凡走馬

好走馬は、ナリタクリスタル(2012年:前年6着→3着)、メイショウナルト(2014年:1→3着)、クランモンタナ(2016年:4→1着)、ベルーフ(2016年:2→2着)の4頭。

馬券に絡んでいないが、2016年4着のダコール、5着のマーティンボロは3着馬とクビ、クビ差なので好走と言えるだろう。両馬は前年の出走はなく2年前に参戦している。

凡走馬は、前年上位入着から圏外になった馬と考え、毎年凡走する馬は除外する。

ダイシングロウ(2009年:前年2着→13着)、エクスペディション(2013年:1→6着)、ナリタクリスタル(2013年:3着→12着)、ダコール(2014年:4→7着)、メイショウナルト(2015年:3→12着)

ナリタクリスタル、メイショウナルトは好走、凡走いずれにも該当している。

なお、今年はクランモンタナベルーフの2頭のみの予定である。この2頭は昨年の1,2着馬なので、凡走馬となるかどうかを考えてみよう。

凡走条件?

前年に好走から一転して凡走した馬の共通点を調べてみることにする。

出走回数・馬齢

ダイシングロウ(牡5)、エクスペディション(牡6)は2回目、ナリタクリスタル(牡7は4回目、メイショウナルト(セン7)は3回目に凡走している。
7,8歳の高齢馬が活躍しているので、単純に馬齢が影響しているとは言えないだろう。

人気

ダイシングロウ(1人気→5)、エクスペディション(3→2)、ナリタクリスタル(9→13)、メイショウナルト(2→5)。
前年好走しているのに人気を落としている場合には要注意だ。

枠順

ダイシングロウ(6枠10→8枠17)、エクスペディション(7枠10→2枠2)、ナリタクリスタル(8枠11→7枠13)、メイショウナルト(1枠1→7枠13)
逃げ馬のメイショウナルトは、2013年は3枠4番で1着だったので、外枠がこたえたといえるだろう。

その他

他にもその時の調子や能力の衰え、騎手との相性などいろいろあるだろう。

興味深いのは天候/馬場状態だ。表にしてみるとわかりやすい。

馬名 1回目 2回目 3回目 4回目
ダイシングロウ 良/晴
2着
良/晴
13着
 −
エクスペディション 良/晴
1着
稍重/雨
6着
 −
ナリタクリスタル 良/晴
4着
良/晴
6着
良/晴
3着
稍重/雨
12着
メイショウナルト 稍重/雨
1着
稍重/雨
3着
良/晴
12着
良/晴
8着
クランモンタナ 良/晴
4着
良/晴
1着
2017年
??
ベルーフ 良/晴
2着
良/晴
2着
2017年
??

現時点での予報は、曇一時雨(降水確率50%)である。台風の影響も心配される。