注目馬情報 2017.7.2

注目馬情報

昨日(7/1)の注目馬3頭の成績は、0-0-1-2(3,4,4着)。少々物足りない成績だった。

気を取り直して、本日の注目馬を見ていこう。

本日の注目馬

本日の注目馬は4頭である。

福島 2R 3歳未勝利 芝1200

ヤマニンシーベリー

この馬に最初に注目したのは、昨年末(2016.12.23 中山3R)のことだった。このレースで本命視していたのだが、好位から前をかわせず4着だった。この時のメモには「直線内で詰まる。次走は本命に!」と書いた。

年が明け、2017.1.7の中山5Rでは5→12と一気に人気を落としていた。減量騎手からの乗り替わり、初のマイル戦ということもあったのだろうか。結局後方追走から巻き返せず13着に惨敗。だが休み明けの4.8福島2Rでは、何と2人気(複勝は1人気)だった(つくづく競馬ファンの予想には感心する)。この日も後方追走ながら追い上げて3着。前走5.6新潟5Rでは雨/稍重で中団追走から追い上げてクビ差の2着だった。

マイル戦を除くと、1200-1400mでは、2着1回、3着2回、4着3回、5着1回で掲示板を外したことがない。そして上がり3Fはそのレースで1,2位の脚を使っているのである。

くしくも昨年の7.2に福島デビューしてちょうど1年。そろそろ上のクラスに進みたいところだろう。

福島 12R 3歳上500万 ダート1150

トモジャポルックス

2走前の4.16中山6Rでは最後方から直線馬群の中を追い上げてクビ差の2着と断然の末脚が目立った。このレースは見ていなかったのだが次走5.6東京7Rの予想時にその内容をみて本命にした。残念ながら結果は7着(5人気)。この時「今回は参加レースだったか」とメモをしたのだが、実はこのレースでも最速タイの上がりだったが、前有利の展開と大外を回るなどのロスがあった。

今回はペースが速くなりそうだし、他の馬とも実力差はないと思う。だが直線の短い福島である。頭数も多いのでスタートと位置取りが鍵を握りそうだ。

中京 10R 香嵐渓特別 3歳上1000万 ダート1400

ケイマ

今年初戦となった3.4中山12Rで5着。この時「昇級初戦。先着馬はすべて1000万条件馬。次走に期待」とメモした。少し間隔の空いた5.13京都12Rでは不良馬場が影響したのか5着だったが持ち時計は大きく縮めた。500万に降級した前走は抜群の手応えで圧勝し、力の違いを見せた。

今回は再昇級となるが、調教も良く好調をキープしているようだ。相手の筆頭は逃げる可能性の高いアディラートだろう。他にも注意する馬が何頭かいるがこの馬を本命視したい。

中京 12R 3歳上500万 ダート1900

ムイトオブリガード

この馬は新馬戦(2016.10.30京都5R)で注目した。このレースを見て「内の狭いところを抜け出すも外差しに屈する」とメモしていた。

2戦目の未勝利戦はダートだったが、マクリ気味に押し上げ圧勝、3戦目の500万(4.9阪神5R)ではゲートでうるさく出遅れたが、同様の展開で徐々に上がって行き、勝馬とは離されたが2着を確保した。

さて今回は、最内の1番枠。ゲートが心配で、初の中京コースであるが好勝負はまちがいないだろう。

まとめ

各馬とも勝ち切れるというところまでの状況ではないかもしれないが、展開一つで着順は変わりそうだ。やはり今日も連複系の馬券を本線としたいと考えている。