(予想)函館スプリントステークス 2017

レース概要

2011年までは、7月第一週に施行されていたが、番組見直しにより2012年から6月第三週に変更された。

日程変更された2012年以降、1人気馬は勝利がない。2012年に単勝1.3倍のロードカナロアの2着が最高でそれ以外は馬券に絡んでいない。また、2桁人気馬が激走することも多い。

開幕週(または2週目)で函館の芝1200mなので先行勢が有利かと思えば、必ずしもそうではないようだ。昨年は好位組が好走したが、一昨年は差し馬での決着だった。

 

予想

好走条件

過去に好走した馬の条件を調べてみたところ、いくつかあったのだが、以下の6点に集約した。

  1. マイルG1に出走(着順は問わず。できれば1年以内が望ましい)
  2. 重賞勝利(G1勝ちか近5走以内)
  3. レーティング上位馬(全体のレベルにより変動)
  4. 上がり馬(1000/1600万連勝、OP連続好走など)
  5. リピーター馬(6歳馬が前年惜敗からの巻き返し)
  6. 函館芝1200mでの勝利(1000万以上を推奨)

該当馬

では、今年の出走馬で該当するのはどの馬だろうか。

残ったのは以下の8頭。詳細は省いて、結果だけ載せておく。

ノボバカラキングハートクリスマスジューヌエコールレヴァンテライオンシュウジセイウンコウセイブランボヌール

ここから、各馬の状況を見ながら印をつけてみる。

予想印

上記条件には入れなかったが、前年のUHB賞好走馬も良い。◎クリスマスが該当する。2年前のこのレースでは3着と好走、函館デビューで、函館2歳SG3勝ちもあって函館とは相性が良い(3-0-1-0)。前走高松宮記念は久々のG1で稍重馬場もこたえたようだ。今回の条件なら好勝負可能だ。

順当に考えれば、○セイウンコウセイだろう。4走前に1600万を勝利、続けてOP勝ち、2走前はG3でタイム差なしの2着、前走は高松宮記念G1を勝利。文句なしの成績。ここでもあっさりの可能性は高いが、高松宮記念からの参戦例は少なく、1人気馬が不振ということもあって対抗に。

キングハートはやっと本格化してきたようだが、勝ち切るまでは厳しかろう。

3歳馬では、△ジューヌエコールは、昨年のキャンディバローズに臨戦過程が似ていて、重い印は打ちづらい。▲レヴァンテライオンは少し間隔が長い感じだが一発がありそうな気配。

 

予想印
◎クリスマス
○セイウンコウセイ
▲レヴァンテライオン
△キングハート
△ジューヌエコール
△シュウジ
△ブランボヌール