オークス2017の振り返り

レース情報

出走馬

桜花賞の好走組はもちろんだが凡走組の巻き返しが期待されたレースとなった。

1人気のソウルスターリング、2人気のアドマイヤミヤビは、馬場の影響などから桜花賞では期待に応えられなかったが、良馬場の東京コースでの巻き返しが期待されたのだろう。桜花賞2着のリスグラシュー、桜花賞馬のレーヌミノルが3,4人気。他路線組ではフローラS組のフローレスマジック、モズカッチャン、ホウオウバフューム、スイートピーS勝ちのブラックスビーチと続いた。

レース条件

東京芝2400mの距離はこの時期の牝馬には厳しいコースだ。

前週と同じBコースでだが、降雨はなく前週は内が荒れていたこともあってほとんどが馬場の中ほどから外目を走っていた。その影響で内側の馬場が回復したと思われ、内を通る馬が多かった。時計的にも前週よりかなり早めの時計が出ていた。

予想

キャリア(出走レース数)と桜花賞凡走馬及び未出走馬については、事前予想記事「(事前分析)オークス」で書いた通りだ。

加えて、レーティングと調教、当日気配などを合わせて検討した結果、以下のようになった。正直な所、◎○は最後まで迷ったが、配当に欲が出てしまった。

◎3 フローレスマジック
○2 ソウルスターリング
▲13 レーヌミノル
△1 モズカッチャン
△14 リスグラシュー
△17 カリビアンゴールド
△16 アドマイヤミヤビ

消した理由
ハローユニコーン:レーティング不足、急遽の騎手変更は痛い
ブラックスビーチ:スイートピーSの内容から2着のカリビアンゴールドの伸びしろに期待
ヤマカツグレース:ハナに立って目標にされそうだった
ディアドラ:好走の可能性は考えたが、ローテーションが窮屈
ミスパンテール:キャリア不足と当日のマイナス体重を不安視

購入馬券

フローレスマジックの単勝と馬連。ソウルスターリングとの3連複、3連単。
レーヌミノルからの馬単。

単勝:3
馬連:3-2,13,14(3点)
3連複:2-3-1,4,6,7,8,11,17(7点)
3連単:2,3→2,3→1,7,13,14,16,17(12点)
馬単:13→2,3,14,16(4点)

 

残念ながら馬券は外れ

 

レース結果

展開・着順

レッドコルディスが立ち上がってやや遅れるが大きな出遅れはなかった。1コーナーではフローレスマジックがハナを切り、ミスパンテール、ソウルスターリングが続く展開。逃げ予想だったヤマカツグレースは外目の3番手。前半1000mは61秒の落ち着いた展開で各馬一団で進む。レーヌミノル、モズカッチャンは先団、リスグラシューは中団、アドマイヤミヤビ、ディアドラ、ハローユニコーンは後方を追走。

4コーナーでは、ソウルスターリング、ミスパンテール、ヤマカツグレースが先頭のフローレスマジックに並びかけ、後方集団も進出を始めて直線勝負へ。

直線に入ると内のフローレスマジックと離れて馬場の中ほどをソウルスターリングが楽な手応えで進む。その間からモズカッチャンも伸びてくる。アドマイヤミヤビは大外から、ディアドラは最内から追い上げてくるが、ソウルスターリングは楽な手応えで伸びて快勝。

2着にはモズカッチャン、アドマイヤミヤビは3着だった。リスグラシューは追い上げたが5着、ミスパンテールは直線伸びず10着。レーヌミノルは見せ場なく13着だった。

 

各馬情報

フローレスマジック(5人気 6着)
まさかのハナを切る展開。枠順が良すぎたか。スローペースで上手く逃げたが、目標にされたのは厳しかった。現時点ではここまでが精一杯ということか。今後の成長に期待したい。

ソウルスターリング(1人気 1着)
好枠で状態も良かった。かかることもなく、2〜3番手を追走。直線でも余裕を持って追走馬を退け圧勝。距離も問題はなさそうだ。

レーヌミノル(4人気 13着)
中団 6〜7番手追走、4コーナーでは外目に出して直線で伸びるかと思ったが全く伸びず。調教も問題なかったようだが、結局、心配されていた距離の問題だったということだろうか。

モズカッチャン(6人気 2着)
前走同様最内枠から先団追走で直線も良い伸びだった。鞍上の好騎乗もあるが、前走フローラS勝ちはフロックではなかったということだ。ここは勝馬が強すぎた。

リスグラシュー(3人気 5着)
うまく馬群に入って中団を進んだが、前半はかかり気味。直線では伸びてきそうだったが、よれたり挟まれたりで伸びきれなかった。それでもなんとか掲示板は確保。

カリビアンゴールド(14人気 11着)
好位で進んだが見せ場なく終わる。スイートピーS組は厳しかったようだ。

△アドマイヤミヤビ(2人気 3着)
後方追走。外枠の影響はあっただろうが、スローの展開も厳しかった。上がり33.9秒は最速タイだが、上位2頭も止まらず及ばなかった。桜花賞の惨敗の雪辱は果たせなかったが、パフォーマンスは見せた。

ディアドラ(9人気 3着)
後方からの競馬だったが、直線では開いた最内を伸びてきた。上がり最速タイも及ばず。桜花賞から3戦連続で最速の上がり。中1週のローテーションを考えると大健闘といえるだろうか。

 

 

所感

ソウルスターリング、アドマイヤミヤビが巻き返してきた。やはり桜花賞は馬場の影響が大きかったのだろう。本命にしたフローレスマジックは目標にされてしまい、健闘したと言えるが好走とは言えまい。1勝馬には厳しかったか(過去1勝馬の優勝はない)。同じフローラS好走組ならモズカッチャン(3勝)を選ぶべきだった(ヤマカツグレースも1勝馬)

 

レーティングの観点で見た場合、馬場の影響が大きかった桜花賞を除くとこうだった。

近5走
最高値
馬名 レース 桜花賞
(参考)
オークス
着順
112 ソウルスターリング 阪神JF(112+)
チューリップ賞 1着(111)
111 1着
109 リスグラシュー チューリップ賞 3着(105-)
阪神JF(109+)
アルテミスS 1着(106+)
111 5着
107 アドマイヤミヤビ クイーンC 1着(107+) 100 3着
106 モズカッチャン フローラS 1着(106+) 2着
ミスパンテール チューリップ賞 2着(106-) 10着
レーヌミノル フィリーズレビュー 2着(106+)
阪神JF 3着(106-)
京王杯2歳S(106+)
112 13着
105 フローレスマジック フローラS 3着(105+)
アルテミスS 3着(105+)
6着
ヤマカツグレース フローラS 2着(105+) 18着
104 ディアドラ アネモネS 2着(104+) 107 4着
デイーパワンサ デイリー杯2歳S 4着(104-) 17着

青字は今年のレース。数値後ろの+-は、レースのレーティング値と比べた高低を表す。

 

レーティング上位の馬(今年のレース)が、オークスでも上位を占めたことがわかる。

レース後だから言えるが、結果からすれば馬券は簡単に的中できたということである。まあ実際には、そう簡単には行かないんだが。