(予想)大阪杯 2017

今年からG1に昇格。

昨年までは天皇賞(春)のステップレースの一つの位置づけだったが、距離適性からここを目標にする馬たちもいることだろうから、なかなか難しいところだ。

キタサンブラック、マカヒキ、サトノクラウンのG1馬3頭が人気を集めていて、他はやや離された感じだ。ただこの3頭で決まるかというとそうでもなさそうだ。G1でも好走している馬もいて、勝ちは難しくても連下の可能性は捨てきれない。

馬場は良発表だが、今週からBコースになったとはいえ、やはり内よりはやや外寄りの伸びが目立つ。

おそらく、マルターズアポジーが逃げるだろう。キタサンブラック、サトノクラウンは好位追走、マカヒキは中団あたりか。

ペースはそれほど速くならないだろうから、4コーナーでは一団になっている可能性もある。そうなると大外を回るとやはり厳しいので差し馬は道中の位置取りと進出のタイミングが重要になってくるだろう。

極端に荒れることはなさそうだから、人気馬を中心に買うことになるだろう。安定性から言えば、キタサンブラックがやはり有利といえるだろうか。オッズとも相談しながらの買い方になるな。

予想印
◎キタサンブラック
○ヤマカツエース
▲サトノクラウン
△マカヒキ
△ミッキーロケット
△サクラアンプルール