スランプを脱出したい

スランプなのか?

ここしばらくは週末のみならず平日も競馬に関わる時間がとれない事が多い。

個人的な事情なので仕方のないことだが、馬券成績に顕著に現れている。

今週末で3月も終了だが、一向に成績が上がらないと感じている。

 

本当にそうなのか、過去の成績と比べてみよう。

 

表は、上段:投資数/勝数、中段:勝率、下段:回収率である。なお、今年は3/20終了時点の成績である。

1月末 2月末 3月末 年間
2013年 78/ 15
19.2%
68.2%
148/ 25
16.9%
61.0%
220/ 49
17.7%
66.9%
864/ 187
21.6%
73.2%
2014年 87/ 25
26.4%
78.6% 
171/ 43
25.1%
79.1%
267/ 62
23.2%
67.4%
862/ 167
19.4%
63.0%
2015年 135/ 22
16.3%
51.7% 
333/ 83
24.9%
68.1%
531/ 140
26.4%
74.8%
1950/ 428
21.9%
76.1%
2016年 158/ 36
22.7%
80.1%
244/ 64
26.2%
102.3%
403/ 99
24.5%
107.8%
1551/ 318
20.5%
83.3%
2017年 104/ 27
25.9%
76.9%
196/ 56
28.5%
75.6%
239/ 60
25.1%
70.9%

 

 

おや?

想像していたほど悪くない。2〜4月が好調だった昨年に比べると回収率は悪いが勝率むしろ上回っている。それに、それ以前の3年に比べればむしろ成績は安定しているようにも思える。

では、なぜスランプのように思ったのだろうか。

年ごとの3月末までの最高回収率を調べてみた。

 年 1レース
最高回収率
1日あたり
最高回収率
週間
最高回収率
累計
最高回収率
2013年 2077.0% 239.7% 177.0% 204.3%
2014年 1001.8% 174.3% 122.3% 153.7%
2015年 1312.1% 146.7% 114.5% 107.1%
2016年 3876.8% 469.2% 308.9% 113.5%
2017年 1450.0% 192.5% 123.7% 85.0%

 

もう少し詳しく見てみよう。

開催日数 当日回収率
100%超日数
累計回収率
100%超日数
2013年 28 6 2
2014年 32 12 1
2015年 27 7 1
2016年 27 12 8
2017年 27 11 0

 

トータルでの勝率や回収率の差ではなかった。

今年は累計回収率、つまり1日が終わった時点での年間回収率が100%を超えたことがないのだ。恐らくこれが今年は不調のイメージになっているのではないか。

また、今年の月別の勝率/回収率を見てみると、3月が特にひどい成績なので余計にそう感じるのかもしれない。

  • 1月:25.9% / 76.9%
  • 2月:31.5% / 73.6%
  • 3月:9.3% / 20.5%
  • トータル:25.1% / 70.9%

 

それに今年は全体的に投資額が少ないこともあって、回収率の数字ほど(金額的に)プラス収支になっていないこともあると思う。

 

条件による違い?

馬券種類

馬券種類毎の成績を見てみよう。

券種別 投資 勝利 勝率 回収率
単勝 222 21 9.4% 87.1%
複勝 116 24 20.6% 77.4%
枠連 1 0 0.0% 0.0%
馬連 88 8 9.0% 69.7%
馬単 38 5 13.1% 92.6%
ワイド 182 24 13.1% 87.7%
3連複 42 4 9.5% 29.7%
3連単 40 1 2.5% 9.6%

 

全体的に勝率(的中率ではない)が低いことと3連系は回収率も伸びていない。3連系馬券の資金を単複やワイドに回していれば良かったのかもしれない。

 

競馬場

場所別 投資 勝利 勝率 回収率
東京 40 14 35.0% 93.9%
中山 55 12 21.8% 63.6%
中京 37 11 29.7% 69.4%
京都 57 12 21.0% 66.4%
阪神 20 1 5.0% 3.6%
小倉 30 10 33.3% 109.1%

 

競馬場別だと阪神が飛び抜けて不調だ。小倉や東京はまずまずだが、それ以外は回収率60%台と物足りない成績だ。

 

クラス(平地競走)

場所別 投資 勝利 勝率 回収率
新馬 10 1 10.0% 10.3%
未勝利 37 14 37.8% 90.9%
500万 59 17 28.8% 68.3%
1000万 54 10 18.5% 57.2%
1600万 30 11 36.6% 134.0%
オープン 17 3 17.6% 96.9%
重賞 28 3 10.7% 21.4%

 

新馬、重賞の不調が目立つ。ここでも極端に成績が分かれている。

 

さてどうするか?

上記以外にもいくつかの条件で調べてみたが、やはり成績にムラがある。

いろいろとやるべきことはあるが、まずは以下の3点について見直すことにする。

  • 購入レースの選定
  • 軸馬/ヒモ馬精度の向上
  • 購入馬券の見直し

 

それに加えて、予想アプリの改修なども並行して進めていきたいと思う。