(予想)阪急杯 2017

レース予想

2017年2月26日に行われる阪神第11Rの阪急杯G3のレース予想です。

レース情報

以前は1200mスプリント戦だったが、2006年から距離を延長して1400mでの施行となった。

毎年混戦ではあるが馬券的には大荒れにはなっていない。

2014年からは、勝馬に高松宮記念の優先出走権が与えられるようになった。

過去傾向

  • 阪神芝1400mは内回りコースということもあって、逃げ(3-1-0-5)、先行馬(2-2-3-26)に良績が目立つ。
  • 内枠有利だが、外枠がダメなわけではなく、真ん中あたり(7〜10番)が不振だ。
1枠:2-3-1-12   4枠:0-0-2-17   7枠:2-1-0-16
2枠:3-2-3-10   5枠:0-0-0-18   8枠:1-0-1-17
3枠:0-2-3-13   6枠:11-1-0-16
  • 5歳牡馬が好成績(6-1-0-20)、牝馬・せん馬は厳しい。(今年は全て牡馬)
  • 馬体減の馬は厳しい。-2〜+10kgの範囲に良績が集中している。
  • 連対馬の前走は阪神カップG2、東京新聞杯G3、シルクロードSG3、海外。それ以外は複勝ヒモまで。
  • 前走の着順はそれほど重要ではないが、1秒以上の着差では厳しい。
  • 前走4〜6人気で今回上位人気に推された馬に良績あり。
  • 「ロ」のつく馬

予想

武兄弟が騎乗する内の2頭が逃げるだろう。どちらがハナを切るのか、競り合うのかも見ものだ。

トーキングドラム、シュウジ、ミッキーラブソングあたりが続いて、ロサギガンティアはその後か。

予想印
◎ロサギガンティア
○シュウジ
▲ダイシンサンダー
△トーキングドラム
△ブラヴィッシモ
△ヒルノデイバロー