【G1予想】天皇賞(春) 2018

最近は2〜3頭に人気が集まることが多いが、今年はシュヴァルグランが唯一のG1馬ということもあって、少し抜けた人気になっているようだ。

阪神大賞典、日経賞、ダイヤモンドSなどの長距離重賞や、昨年からG1に昇格した大阪杯の各レースで好走した馬が活躍している。掲示板に載るぐらいの成績を残していないと厳しいようだ。

脚質的には、やはり内枠からの逃げ・好位組に注目したいところだろう。

本命は◎シュヴァルグラン。前走の大阪杯は大敗だったが何とか立て直せているようだ。実績はトップで鞍上との相性も良い。もうここで負けるわけにはいかないだろう。

対抗は○レインボーライン。前走の阪神大賞典では復活間近とみて◎を打ったが、見事に2年ぶりの勝利を上げた。昨年のこのレースでは後ろからの競馬で結果を残せなかったが、菊花賞2着の実績もあり、復活した今なら好勝負できそうだ。

サトノクロニクル。G1での実績はないが、G2戦では良績を残している。このメンバーなら十分通用する。鞍上も今日4勝していて好調。一発があるならこの馬だろう。

長距離実績は抜群の★アルバートだが、G1ではなかなか結果が出せない。年齢的にも最後のチャンスかもしれない。

有力馬に挙げられているクリンチャーはしっかりと仕上がっているようだ。三浦Jも悪くはないが、やはり乗り替わりで評価を下げざるを得ない。他にも長距離ならではの伏兵が多くいて馬券の組み立ても難しい。

 

天皇賞(春) 予想

◎ (11) シュヴァルグラン
○ (12) レインボーライン
▲ (10) サトノクロニクル
★ (14) アルバート
△ (2) チェスナットコート
△ (4) カレンミロティック
△ (6) ガンコ