【G1予想】皐月賞 2018

大本命のダノンプレミアムが出走回避で混戦となり、実績馬に加えて伏兵馬の台頭も考えられそうだ。

昨年は3人気以下が全て着外で、9人気のアルアイン、一昨年も3強ではなく8人気のディーマジェスティが勝利し、波乱のイメージが強いが、比較的人気馬が好走する傾向である。

トライアルもしくはステップレースで上位(馬券圏内)馬での決着である。これはこの2年も同じである。共同通信杯、スプリングS、弥生賞の3レースでの上位入線馬を中心に考えよう。

天候、馬場は心配だが、メンバー構成からするとペースのアップダウンの差が大きくなりそうだ。前に行きたい馬が多いので1コーナーまでの先団争いでペースは速くなりそうだが、中盤は落ち着き、4コーナー手前から一気にペースが上がるだろう。直線は短いが過去の傾向からも、差し馬が有利だ。

 

本命は◎ステルヴィオ。デビュー以来、3-2-0-0で、2回の2着はいずれもダノンプレミアムに敗れたもので、そのダノンプレミアムがいないここでは負けられないだろう。

対抗は○エポカドーロ。前走のスプリングSでは2番手で進み、ステルヴィオとハナ差の2着は見どころがあった。

不気味なのは▲キタノコマンドール。キャリアは2戦だが、鞍上ともども一発があるならこの馬だろう。

人気の一角が確実な★ワグネリアン。この馬もダノンプレミアムに敗れた前走弥生賞以外の3戦全て勝利。早めの仕掛けが必要と思われる今回、鞍上が思い切った騎乗をできるかどうかだろう。

 

皐月賞 予想

◎ (15) ステルヴィオ
○ (7) エポカドーロ
▲ (5) キタノコマンドール
★ (2) ワグネリアン
△ (1) タイムフライヤー
△ (9) オウケンムーン
△ (12) グレイル