2018年度の目標は…

新年スタートのブログには詳しく書かなかったが、毎年目標を立てている。

目標に加えて予定も含めた内容を少し紹介しておこう。

目標と予定

的中率の向上

当然のことだが、的中して払い戻しを受けなければ、収支をプラスにすることはできない。つまりは、的中が最低条件なのである。

数年前から収支を細かく記録しているので過去の成績を確認しておこう。下表は年毎の投資レース数と的中レース数、レースの的中率および勝率である。なお、勝率というのは的中したもののマイナス、いわゆるトリガミを差し引いてプラス収支になったレース数(=勝数)の割合である。

レース/的中 的中率 勝率
2017 1252 / 284 22.6% 20.6%
2016 1551 / 348 22.4% 20.5%
2015 1950 / 485 24.9% 21.9%
2014 835 / 185 22.2% 19.8%
2013 837 / 218 26.0% 22.3%

投資するレースは異なるものの、的中率は22〜26%である。つまり、4〜5レースに1回の割合で的中しているということになる。ついでに、過去5年及び5年間平均の月別的中率をグラフにしてみた。

 

月ごとにバラツキはあるが、年間を通じてみると最終的にはほぼ収束(一番右の部分)している。全体的な傾向として、前半は堅調、夏以降失速というイメージがあったがおおむねそんな感じだ。回収率はオッズにより波があるのは仕方ないが、的中率はもう少しコンスタントになるようバラツキをなくしたいところだ。

では的中率を上げるにはどうするのか。現状を考えると以下の3点に落ち着く。

  • 軸馬およびヒモ馬の精度を上げる
  • 馬券の買い方を工夫する
  • レースを絞る

具体的な対策の内容については記載しないが、これらを意識していきたいと思う。

回収率の向上

回収率というのは、投資した額に対する払戻額の割合のことである。例えば、1000円で馬券を購入して、払戻額が500円なら50%、1500円なら150%ということになる。つまり、100%を超えればプラス収支になるということだ。短期的にはともかく、年間を通じてなど長期的に見るといかに難しいかということなのかはご存知だと思う。

よくいわれるのがいわゆる控除率の壁というものだ。ここでは詳細は書かないがおおむね70〜80%とされていることが多いようだ。平均的な馬券の買い方をしていればこのあたりに落ち着くということである。

では先ほどと同様に過去のデータを確認しておこう。

年間の回収率に加えて、開催日毎の最大回収率と100%を超えた日数も合わせて記載した。

年間
回収率
開催日
最大回収率
100%超
日数
2017 68.4% 237.4% 25
2016 83.3% 469.2% 33
2015 76.1% 341.0% 27
2014 66.3% 614.3% 30
2013 77.7% 528.8% 27

平均的(という表現が正しいか疑問だが)な回収率前後になっている。最大回収率はバラツキがあるものの100%超日数はほぼ同数と考えて良いだろう。JRA開催に加えて海外・地方分で110日前後ということを考えれば、4日に1回(つまり月に2回程度)はプラス収支の日があるということになる。ただ、実際の感覚からするともっと少なく感じるのだが、これは回収率100%超といっても101%でも500%でも同じ1日としてカウントしているからだろう。(具体的に言えば、1日の投資額が10000円とすれば、+100円も+40000円も同じということ)

また、さきほどの的中率にも関係するが、勝率を的中率に近づける、つまりトリガミを減らすのも重要(これはトリガミでも外れるより良いという意見もあるだろうから難しいところ)だと考えている。

  • 最大回収率を増やす
  • プラス収支の日を増やす
  • トリガミを減らす

買い漏れ・買い間違え・見逃しの防止

これは正直微妙なところだ。

買い漏れというのは、買うつもりのレースが買えなかったということ。急用やPC/ネットのトラブルだけでなく、買い目をギリギリまで悩んで締切に間に合わないこともある。これは多くの場合、良い方に転がる。悩むのは悪いことではないが、つまりは自信がなくて決めきれないということで(ちなみに自信の根拠や成功率などは関係ない)、迷いがあるなら思い切って見にするか軽めに買うようにしたほうが良いだろう。

買い間違えはマークの間違えや入力ミス、馬番の見間違えなど。過去に競馬場を間違えて大儲けした経験もあるが、レアケースだろう。これは集中力を欠いていたり、慌てていることが多い。

これらとは少し違うが、本来買うべき馬を間違えたりヒモに入れ忘れることがよくある。つまり見逃しているのだ。こちらは逆に悔しい思いをすることが多い(記憶に残りやすいからだろう)。これについては、予想アプリの改修項目のひとつだ。何らかのしくみで見逃しをなくしていきたい。

WIN5の的中

WIN5については、通常の馬券とは異なる性質のものだと思うので、記録は取っているのだが馬券成績からは除外している。高配当がWIN5の魅力だと思うのだが、過去には低配当の的中しか経験がない。とはいえ、配当の高低にかかわらず、今年はぜひとも複数回の的中を目指している。

まとめ

今年の目標はこんな感じだ。

  • 的中率は30%程度を目指す
  • 回収率は90%程度を目指す
  • 予想アプリの改修(機能追加を含めて刷新したい)
  • WIN5の的中
  • 検証項目の消化(気付きメモの内容を検証する)
  • 競馬場に行く(長らく行けてないので)
  • 競馬知識をいろいろ調べたい
  • ブログ/サイトの内容充実

 

 

細々としたことは他にもあるが、こんなところだ。具体的な手段や方法、経過については機会があれば書いてみたい。