今週の開催も雪が心配で代替開催やコース変更の可能性もあるのかな

先月15日は雪の影響で、中京が16日、京都が17日に代替開催となったのは記憶に新しいところ。

今週も雪の影響で京都と小倉の前日(金曜日夜間)発売が取り止めになった。

台風や大雪などで開催が中止や延期になるだけでなく距離やコースが変更になることもあるが、どのように決められているのだろうか。

 

JRAのサイトで調べてみると…

馬場・競走距離の変更については、「降雪,凍結,降雨等の影響で本来の馬場・距離で実施できない時は、いずれかあるいは両方を変更することがある」らしい。(内容を要約しています)

 

また、芝からダートに変更となる場合にはコースの都合上同一距離ではなくなる場合がある。

例えば、京都競馬場の場合だとこうだ。

ダート
1100m 1100m
1200m 1200m
1400m(内・外)、1600m(内・外) 1400m
1800m 1800m
2000m(内・外)、2200m、2400m 1900m
3000m、3200m 2600m

 

馬場だけでなく距離も変わってしまうと適性の問題も出てくるし、予想が難しくなるね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です