【重賞予想】中山金杯・京都金杯 2018

レース予想

中山金杯

比較的堅めに収まるレースだ。昨年はディセンバーS組が上位4着まで独占。

G3戦だが、レーティングが有効の傾向にあるので、近走の状態をよく見ておきたい。

予想印

◎ (9) ダイワギャグニー
○ (6) セダブリランテス
▲ (5) デニムアンドルビー
★ (1) ウインブライト
△ (2) レアリスタ
△ (4) アウトライアーズ
△ (7) ブラックバゴ

京都金杯

中山と比較して、こちらは読みにくいレースだ。なかなか堅めに収まることが少ない。昨年はエアスピネルが1年2ヶ月ぶりの勝利(クラシックでも善戦していたのだが)で、2着はブラックスピネル。よく似た名前だが、血統も厩舎・馬主など共通点はない。

こちらも、レーティングが有効の傾向にあるので、近走の状態をよく見ておきたい。

予想印

◎ (9) ブラックムーン
○ (7) レッドアンシェル
▲ (13) クルーガー
★ (2) ラビットラン
△ (6) ダノンメジャー
△ (10) スズカデヴィアス
△ (11) キョウヘイ

1 件のコメント

  • 【中山金杯】明け4歳のセダブリランテス、ウインブライトが人気に応えた。昨年レベルが高いと言われた世代だ。有力古馬が相次いで引退した今年はこの世代が活躍するのだろう。
    【京都金杯】レッドアンシェルとブラックムーンの2頭が抜けていると思った。しっかり追われた印象があったのでブラックムーンに◎を打ったのは正しかった。注目のラビットランだったが、まだ本調子ではなかったのだろう。