【G1予想】阪神ジュベナイルフィリーズ 2017

第69回
阪神ジュベナイルフィリーズ
  G1 

阪神 芝 1600m

[memo title=”レース情報”]関西地区の2歳(当時3歳)チャンピオン決定戦として1949年に創設された阪神3歳ステークスが前身です。当初の1200mから1400m、1600mと延長され、1991年からは牝馬限定戦となり、阪神3歳牝馬ステークスに改称されました。2001年には馬齢表示の変更に伴い、レース名も現在の阪神ジュベナイルフィリーズに変更されました。ジュベナイル(Juvenile)は、少年、少女。フィリー(Filly)は牝馬の意味を持ちます。

[/memo]

レース 傾向

ここで結果を残している馬は翌年のクラシックでの活躍が目立つので、やはりここまでの臨戦過程は重視する必要があるだろう。

前走

G1とはいえ、2歳戦に変わりはなくステップといえるレースはアルテミスSぐらいだ。前走は重賞に限らず、オープン、500万、新馬のパターンも見受けられるが、掲示板を外すようでは厳しい。オープン勝ちか重賞なら連対(牡牝混合なら掲示板)の実績は必須条件だ。

ローテーション

ローテーション的には10月下旬〜11月中旬からの参戦が多い。例外は2013年で、レッドリヴェール、ハープスターが8月以来のレース1,2着で馬がとなった。この2頭は、新馬勝ち→2歳重賞(G3)勝ちから3戦目がこのレースだった。今年の出走馬では、ロックディスタウンが該当する。

展開・脚質

コースは阪神芝外回りの1600m。逃げ、先行が有利な傾向にある。枠はそれほど気にする必要はないだろう。

レース予想

最内からサヤカチャンが行くだろう、ラテュロス、ラスエモーショネス、コーディエライトあたりが競り合うかもしれない。有力馬は好位組が多いので張り合うことになりそうなのでペースは落ち着きそうだが、直線では一団でごちゃつきそうだ。そこで台頭する差し馬が有利になることも考えられる。

予想印

◎はリリーノーブル。キャリア2戦で連勝中。前走の白菊賞は強い勝ち方。まだまだ底が見えない。

ロックディスタウンは、新馬、札幌2歳Sを連勝。2013年の勝ち馬レッドリヴェールと同じローテーション。大外枠も問題ないだろう。

ラッキーライラック。前走のアルテミスSでは好位から最速の上がりで快勝。この馬も2連勝中でまだまだ伸びそうだ。

ノーブルアース。前走は若さを出してしまい掛かってしまったようだ。うまく折り合いをつけられれば上位に食い込む余地があるだろう。

ラテュロスは大きなストライドということもあり、今回は前走以上の走りを期待。枠も絶好。

マウレアは前走他馬と接触しながらも勝ち切った。ペースに関係なく好走しそうだ。

トーセンアンバーは前走京王杯2歳Sでも期待して△を打ったが6着。長めの距離があっているのかもしれない。

予想印
◎ (7) リリーノーブル
○ (18) ロックディスタウン
▲ (11) ラッキーライラック
★ (14) ノーブルアース
△ (2) ラテュロス
△ (4) マウレア
△ (13) トーセンアンバー

1 件のコメント

  • 1人気のロックディスタウンは失速したものの、堅めの決着。ペースはややスローだったが、1〜4着馬が上がり上位で、決め手勝負になった。予想は良かったものの締切に間に合わずに馬券を買えなかったのが残念。