【レース回顧】マイルチャンピオンシップ 2017

先週のエリザベス女王杯に続いて、3歳馬の活躍が目立ったレースだった。

このレース過去2年で3着、2着のイスラボニータが単勝オッズ 3.9倍で1番人気。前走不良馬場の富士Sを快勝したエアスピネルが 4.2、スプリンターズS連覇のレッドファルクスが 5.0、皐月賞2着の3歳馬ペルシアンナイト 8.8、安田記念を制覇したサトノアラジン 9.1までが10倍を切った。

予想

予想記事では、3歳馬の不振、レーティング、調教などを考慮して予想をした。特に3歳馬は過去の傾向から評価を下げてしまった。必然的に、エアスピネル、イスラボニータ、レッドファルクスの人気古馬が上位予想となった。

◎ (11) エアスピネル
○ (12) イスラボニータ
▲ (7) レッドファルクス
★ (13) グランシルク
△ (3) ヤングマンパワー
△ (9) レーヌミノル
△ (18) ペルシアンナイト

購入馬券

何となくイスラボニータの頭は考えにくかったので◎▲から3連単と★グランシルクのワイドを購入。

3連単:7,11→7,11,12→7,9,11,12,13,18(16点)

ワイド:13-11,12(2点)

レース結果

展開・結果

大きな出遅れはなく、マルターズアポジーが逃げる。ヤングマンパワー、ダノンメジャー、ムーンクレストなどが続き、レーヌミノル、エアスピネルは好位から、イスラボニータ、レッドファルクスは中団、ペルシアンナイト、サトノアラジンは後方追走。稍重ということもあって、1000m通過は 58.6秒の平均ペースで流れる。3〜4コーナー中間辺りから徐々に馬群が固まり始める。

直線に入るとマルターズアポジーが粘るところをエアスピネル、レーヌミノル、レッドファルクスらが追い上げてくる。4コーナーではまだ後方だったペルシアンナイトがゴール手前でエアスピネルを捉えハナ差で勝利した。3着は中団から外に出して伸びたサングレーザー、粘ったレーヌミノルが4着。人気のイスラボニータは、直線入り口で内から寄られた影響もあって伸びきれず5着だった。

各馬状況

エアスピネル(2人気 2着)
好位追走から直線もよく伸びたが、最後の最後で交わされた。これは仕方がないだろうが、またもやG1タイトルに手が届かず。

イスラボニータ(1人気 5着)
10番手付近を追走。直線に入ったところでウインガニオンと接触した分だけ遅れを取ったのが痛かった。

レッドファルクス(3人気 8着)
直線半ばまではまずまずだったが、最後は伸びきれなかった。やはりマイルは少し長いのだろうか。

グランシルク(9人気 9着)
後方からの競馬。それなりに伸びてはいるが位置取りが後ろ過ぎた。

ヤングマンパワー(12人気 14着)
2番手追走で直線でも一瞬良い感じがあったが、半ばで失速してしまった。

レーヌミノル(10人気 4着)
好位追走で手応えも良く見えた。直線ではエアスピネルに次いで2番手となったが、最後は差されてしまい 4着。

ペルシアンナイト(4人気 1着)
大外枠で後方から。道中は内目を通りながらも直線では徐々に外に出して一気の伸び。ゴール直前でエアスピネルを捉えG1制覇。+12kgでも全く問題なかった。

サングレーザー(7人気 3着)
中団追走から直線入り口でやや強引に外に出したあとはよく伸びて3着を確保した。

  所感

今回も3歳馬が古馬を撃破した。しかも掲示板には3頭と健闘。3歳馬は不振という過去の傾向は当てはまらなかった。

ただ、ペルシアンナイトはレーティング、レーヌミノルは調教面でそれぞれ△評価としていた。サングレーザーは2010年3着のゴールスキーのように連勝していた。鞍上が福永Jというのも同じだった。結果的にはそれぞれもう少し評価を上げても良かったのかもしれない。

来年への覚書

調教
気になった5頭中3頭が掲示板に載ったが、もう少し条件を見直す必要があるだろう。

レーティング
予想記事に書いた条件に加えて、連勝している上がり馬という条件を付け足そう。

3歳馬
少なくとも3歳というだけで割り引く必要はないだろう。素直にメンバー構成と状態を考慮して評価するべきだ。ただG1(特にマイル戦)での好走実績か連勝している上がり馬に絞って良いだろう。

前走
富士S、スワンSもしくはG1の安田記念か天皇賞(秋)組を重視すべきだろう。ただ今年は前走が不良馬場という馬が多く着順での判断は難しい。