【レース回顧】天皇賞(秋) 2017

都合により、投稿が遅れてしまいました。

先週の菊花賞に続いて東京芝コースは不良馬場。秋華賞から3週連続のG1レースは全て重・不良馬場となった。

ここはキタサンブラックの復活に注目が集まったが、宝塚記念優勝のサトノクラウンや3歳牝馬のソウルスターリング、復活を目指すマカヒキなどG1馬が6頭。それ以外にもそろそろG1タイトルが欲しいステファノス、安田記念で健闘したグレーターロンドンなどメンバーが揃った。1人気はやはりキタサンブラックで単勝3.1倍の指示を集めた。サトノクラウン、リアルスティール、ソウルスターリングが続いた。

予想

重い馬場でも内を通る馬もいたが、逃げ粘るのは難しそうだった。しかし、やはりこの馬場では力勝負になるのだろうと考えた。

◎(13)グレーターロンドン
○(2)サトノクラウン
▲(7)キタサンブラック
★(10)ミッキーロケット
△(1)サクラアンプルール
△(4)リアルスティール
△(5)ヤマカツエース
注(11)ロードヴァンドール

購入馬券
とにかくサトノクラウンからの馬券。
単勝:13

複勝:13

馬連:13-2,4,7,9,14(5点)

ワイド:13-1,5,6,10,11(5点)

レース結果

展開・結果

ロードヴァンドールがハナへ。リアルスティールは好位につけたが、キタサンブラックは出遅れて後方、サトノクラウン、ソウルスターリングは中団追走となった。菊花賞同様に不良馬場ということもあって1000m通過は1.04.2とかなり遅いペース。出遅れたキタサンブラック、グレーターロンドンはともに開いた内を通って、直線では1,2番手まで押し上げた。やはり力のいる馬場で、キタサンブラックとサトノクラウンの2頭が抜け出したが、クビ差でキタサンブラックが勝利した。レインボーライン、リアルスティール、マカヒキまでが掲示板。ソウルスターリングは6着だった。

各馬状況

◎(13)グレーターロンドン(6人気 9着)
今回も本命馬が後方からの競馬となった。開いた内を進出して4コーナーでは先頭だったが、最後は失速。やはりもう少し前での競馬をして欲しかったと思う。今回は明らかに馬場が敗因。次走に期待したいところ。

○(2)サトノクラウン(2人気 2着)
この馬場も苦にせず良い競馬だったが、ここはキタサンブラックが上だった。それでも最後まで競り合い、実力のあるところを見せた。

▲(7)キタサンブラック(1人気 1着)
ゲートにぶつかり出遅れたが、開いた内を進出して直線でも内の2番手。そこからは渋とく伸びて力で押し切った。残り2レースも無事に頑張ってもらいたい。

★(10)ミッキーロケット(14人気 12着)
好スタートから好位につけたが徐々に失速。この馬場は合わなかったか。

△(1)サクラアンプルール(12人気 8着)
最内枠で期待をして、道中は2番手追走できたのは良かったが、この馬場で最後は失速。

△(4)リアルスティール(3人気 4着)
こういう馬場は向いていないのだろうが、それでも好位追走で4着。良馬場ならここまで差は開かなかったと思う。

△(5)ヤマカツエース(7人気 11着)
道中は中団を追走。直線でも脚を伸ばせず、中団のままでレースが終わってしまった。

注(11)ロードヴァンドール(18人気 14着)
この馬場での逃げ残りを期待した。実際にハナを切ったが、さすがにこのメンバーでは厳しかったか。

−(8)レインボーライン(13人気 3着)
馬場が味方しただろうし、上位2頭とは離されたものの、うまく立ち回って3着を確保した。

−(15)マカヒキ(9人気 5着)
上位4頭は4コーナーで5番手以内だったが、この馬はほぼ最後方の位置。そこからよく追い上げてリアルスティールにアタマ差までせまった。やっと復活してきた感じだ。

  所感

今回も力のいる馬場。特に直線の長い東京競馬場で最後まで目が離せないレースだった。特に、キタサンブラックとサトノクラウンの競り合いは良かった。この2頭の強さが目立ったが、良馬場ならリアルスティールなど他馬も良い勝負ができたかもしれないのは残念だった。それも、マカヒキとソウルスターリングが結構頑張ったこともあり、今後のレースが楽しみである。

来年への覚書

人気
やはり1人気馬が強かった。素直に馬券の軸で良いと思う。

レーティング
上位2頭が、1,2着と結果を残した一方で、ステファノスやサトノアラジンなどは結果を残せなかった。今回は馬場の影響のほうが大きかったと考えるべきだろう。