【重賞予想】ファンタジーステークス 2017

ファンタジーステークス  G3 
京都 芝・外 1400m

どんなレース?

レース情報
1996年に牝馬の競走体系整備に伴って、2歳牝馬限定レースとして創設されました。京都の芝外回り 1400mで行われており、この後阪神JFに進む馬も多い。

レース 傾向

この時期の2歳牝馬限定レースということもあり、キャリアの少ない馬たちばかりなので、なかなか予想が難しいところ。

過去10年で、1人気馬は(1-2-2-5)と物足りない成績。2桁人気の激走もあり、人気からは絞りづらい。

外回りでも直線に坂のない京都ということもあって、低人気の逃げ・先行勢には注意が必要だ。

レース予想

コーディエライトが逃げそうだ。内枠の馬がそのまま好位につけ、アマルフィコースト、ボウルズを含め中団以降は一団で進みそう。3コーナー過ぎの下り付近からペースが上がり、動きが出そうだ。今週はここしばらく続いた重馬場ではなく良馬場。差しも十分届くだろう。

◎はボウルズ。とにかくゲート次第だろう。デビュー戦は出遅れ、前走は好スタートが仇となり、真価は発揮できていないと思う。普通に出て中団追走できれば、直線で差し切れると見ている。

アマルフィコーストは、新馬、オープンと連勝。ペースに左右されない自在の脚質がある。休み明けでも勝機十分。

トンボイ。出脚が速いので、スタート次第ではハナを切る可能性もある。二の脚もあって侮れない1頭だ。

アーデルワイゼ。前走は雨で稍重の中でもよく伸びた。好位で運びたいところだろうが、枠順を考慮してやや評価を下げた。

 

予想印

◎ (13)ボウルズ
○ (10)アマルフィコースト
▲ (7)トンボイ
★ (11)アーデルワイゼ
△ (1)ペイシャルアス
△ (2)レグルドール
△ (6)スズカフェラリー

 

1 Comment

部長

よもやの発走時刻勘違いにより馬券は購入できなかったが、結果的にはハズレていたので複雑な心境だ。ベルーガが鋭い伸びで強い勝ち方だった。キャリア面で不安があったので軽視したのだが、昨年のミスエルテと同じく新馬勝ちから2戦目での重賞勝利となった。コーディエライトの逃げは予想通りだったが、あれだけ粘れるとは思わず、今回は1,2着馬が無印という結果になってしまった。

現在コメントは受け付けておりません。