【重賞予想】阪神ジャンプステークス 2017

レース情報
1968年に創設された阪神障害ステークスがこのレースの前身。1999年に障害の重賞競走として創設され、何度か距離の変更がありましたが、2007年からは芝3140mで行われています。

レース予想

予想印
◎ハギノパトリオット
○アップトゥデイト
▲ソロル
△ルペールノエル
△マイネルフィエスタ

1 Comment

部長

断然人気のアップトゥデイトが終始主導権をとって、6馬身差の圧勝。約1年9ヶ月ぶりの勝利となった。2着にはルペールノエル。鞍上の高田Jはこのレース4連覇はならなかったが、8年連続連対。3着は6人気のマイネルフィエスタ。

アップトゥデイトは、1人気/5枠/牡7歳/逃げ/クロフネ/小倉SJ組/前走1人気など、過去の傾向から見た条件をほとんど満たしていた。
ルペールノエルは、鞍上の記録もだが、好調のアドマイヤムーン産駒。マイネルフィエスタも小倉SJ組(3着)で△を打つには十分だった。

現在コメントは受け付けておりません。