【馬券成績】夏競馬 2017

夏競馬終了

さて、今年も夏競馬が終わり、いよいよ秋競馬が始まる。G1戦線などに向けて有力馬も続々と始動してくるだろう。

しかし、その前に夏競馬の成績総括と反省などを確認しておきたい。

なお集計対象は、以下の通り。

6月:函館(6/17,18,24,25)<東京・阪神は含まない>
7月:札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉
8月:札幌、新潟、小倉
9月:札幌、新潟、小倉(各場 9/2,3)

馬券成績

期間別

期間 投資 勝利 勝率 回収率
6月 26 5 19.2% 73.1%
7月 150 38 25.3% 68.9%
8月 120 26 21.6% 68.8%
9月 33 4 12.1% 46.8%
TOTAL 329 72 22.1% 67.5%

【コメント】
どの月も成績は上がらないままで終わってしまった。ちなみにプラス収支の日は24日のうち 5日、週単位で見ると12週のうち 2週のみだった。

場所別

場所 投資 勝利 勝率 回収率
札幌 55 7 12.7% 44.4%
函館 67 14 20.8% 72.8%
福島 43 12 27.9% 49.6%
新潟 70 15 21.4% 81.8%
中京 40 12 30.0% 86.0%
小倉 54 13 24.0% 63.1%

【コメント】
札幌と福島の成績が悪い。札幌は勝率の低さが、福島は平均回収率などの低さ(下記に記載)が影響していると思われる。

券種別

券種 投資 勝利 勝率 回収率
単勝 268 21 7.8% 49.7%
複勝 118 29 24.5% 78.2%
枠連 0 0 0.0% 0.0%
馬連 141 11 7.8% 67.6%
馬単 25 1 4.0% 99.7%
ワイド 213 28 13.1% 73.9%
3連複 84 7 8.3% 69.3%
3連単 37 3 8.1% 68.9%

【コメント】
全体的に勝率(≒的中率)の低さが回収率にも影響している。特に単勝が低迷した。マイナス分の約37%が単勝だった。

レース番号別

レース 投資 勝利 勝率 回収率
1R 0 0 0.0% 0.0%
2R 3 3 100.0% 185.7%
3R 9 1 11.1% 24.6%
4R 25 7 28.0% 85.9%
5R 44 10 22.7% 48.1%
6R 16 4 25.0% 50.2%
7R 11 2 18.1% 116.9%
8R 14 5 35.7% 97.4%
9R 36 12 33.3% 103.6%
10R 50 9 18.0% 35.9%
11R 59 11 18.6% 76.8%
12R 62 9 14.5% 55.5%

【コメント】
やっと、好成績の部分が見えた。レース番号だけでは何とも言えないが、次の条件別とも合わせて見ておく必要があるだろう。

条件別

条件 投資 勝利 勝率 回収率
213 48 22.5% 68.3%
 新馬 49 13 26.5% 56.2%
 未勝利 19 3 15.7% 38.7%
 500万 58 14 24.1% 62.2%
 1000万 41 7 17.0% 53.8%
 1600万 14 2 14.2% 31.4%
 オープン 14 4 28.5% 146.6%
 G3 17 5 29.4% 126.3%
 G2 1 0 0.0% 0.0%
ダート 111 23 20.7% 65.1%
 新馬 9 1 11.1% 25.8%
 未勝利 22 7 31.8% 90.8%
 500万 45 9 20.0% 69.5%
 1000万 21 5 23.8% 83.6%
 1600万 6 1 16.6% 64.7%
 オープン 5 0 0.0% 0.0%
 G3 3 0 0.0% 0.0%
障害 5 2 40.0% 123.6%
 未勝利 4 1 25.0% 77.3%
 オープン 1 1 100.0% 270.0%

【コメント】
全体的に下級条件の成績が伸びなかった。特に新馬戦は毎週のように予想していたが結果に結びつかなかった。馬券の買い方にも原因があったようだ。

その他

最高回収率:レース回収率(購入した券種を合わせたもの)
平均回収率:的中したレースの平均回収率(トリガミ含む)

場所 最高回収率 平均回収率
札幌 902.0% 329.2%
函館 743.5% 313.6%
福島 410.0% 193.0%
新潟 1107.0% 320.2%
中京 635.5% 270.3%
小倉 850.0% 316.9%
TOTAL 1107.0% 288.8%

【コメント】
場所別のところでも書いたが、福島が低調なのは、平均回収率の低さにある。的中しても回収額が低い、つまり低配当が多かったということだろう。なお全体の的中率は 23.7%だった。この的中率なら422%以上の平均回収率でないとプラス収支にはならない。的中率を上げるか平均回収率を上げるかが必要だ。このあたりはいずれ別記事で書きたいと考えている。

まとめ

今年も夏競馬は不調に終わった。実際のところ、今年は全体的に低迷しているので夏競馬だけに限ったわけではない。それでも、いくつか試してみたこともあるし、検証ネタや改善内容もいくつか判明した。何とか今後に生かせるように頑張るしかないね。