【重賞予想】新潟記念 2017

新潟記念 予想

サマー2000シリーズの最終戦。現時点ではサクラアンブルールがトップだが、このレースの結果次第で、タツゴウゲキ、ルミナスウォリアー、マイネルフロストは逆転の可能性があり、この点でも目を離せない。

昨年は 2人気→1人気→9人気の決着だったが、ここ10年で1人気馬の勝利は2014年のマーティンボロのみで、昨年の2着を含めて、1-1-0-8 と不振。5-9人気あたりの好走が目立つ。

◎はアストラエンブレム。1人気になる可能性が高いが、実績からして最有力だろう。新潟(芝1600m)では(2-0-0-0)。2000mは初距離だが十分こなせる。約3ヶ月ぶりだが調整も問題ないだろう。

相手は○ロイカバード。休み明けの前走ではロッカフラベイビーの差しに屈したが、5.5kgの斤量差を考えれば仕方のないところ。今回は55kgでの出走で叩いた効果もありそうだ。

▲ルミナスウォリアーは昨年5着。勝馬とは0.3秒差と健闘。昨年の上がり調子ほどではなくても調子は悪くなさそうで、前進を期待したい。

★はタツゴウゲキ。前走は急な乗り替わりもあって軽視してしまったが、先行して後続を凌ぎきった。今回は斤量も増えて相手も強化されるが、すんなりと好位に付けられれば勝ち負けできる可能性はあるだろう。

予想印
◎アストラエンブレム
○ロイカバード
▲ルミナスウォリアー
△タツゴウゲキ
△カフジプリンス
△トーセンバジル
△マイネルスフェーン